タワーズライフのコラムページです。タワーマンションに関連する記事をご紹介

外壁塗装の種類、耐用年数、費用について

外壁塗装の種類、耐用年数、費用について

タワーマンションやその他のマンションでの資産価値を保つために、外壁の修繕などを行いますが、それは戸建て住宅でも同様です。
戸建て住宅にお住まいの方は外壁塗装や屋根の塗り替えといったことを定期的に行う必要があります。

 

一戸建てに住んだ事がある人なら外壁塗装を知っているのではないでしょうか。家も毎日のように雨、風などにさらされると自然と劣化していき、悪くなっていきます。
そこで、外壁塗装をすると雨風やほこりによる劣化や腐食を防ぐ役割を果たしているので、家を長持ちさせるために絶対に行なわなければいけません。
では、外壁塗装について詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

 

まずは外壁塗装の耐久年収を種類ごとに紹介します。

 

塗料の耐用年数とコスト

 

アクリル系塗料は耐用年数4〜8年と言われています。アクリル系は塗料の価格が安い分外装工事費用を安く抑えたい人にオススメです。しかし、こまめに塗り直さなくてはいけないので、注意が必要です。
ウレタン系塗料は耐用年数6〜12年です。ウレタン系塗料はやわらかい性質を持ち密着性に優れています。見た目は光沢があり、美しい仕上がりにする事が出来ます。アクリル系より長くもち、費用もそこまで高くないので、とても人気があります。
そして、シリコン系塗料は耐用年数12年〜15年です。シリコン系塗料は現在主に使われているので、外壁塗装の中でも一番人気があります。
価格もそこまで高くなく、安定しているので費用効果も良いです。そして、高耐熱性も優れているのでオススメです。

 

一般家庭に良く使われている、塗装はこれらが多いです。外壁塗装の塗り替え時期は何を使って塗装したかによるので一概には言えませんが、だいたい8〜15年くらいが平均だと思って良いでしょう。
しかし、年数に関係なくヒビ割れや汚れが目立ってきたら外壁塗装を行なう時期なのですぐに業者探しをしましょう。
では、外壁塗装をしないとどうなるかというと、外壁塗装の塗り替えを怠ると外壁は確実に劣化します。家の耐用年数も下がり、資産価値も低くなることがよそうされれます。
外壁も塗り替えないとヒビが生えたりするので、そのままにしておくとそのヒビわれが徐々に大きくなり、気がついたら大規模な改修が必要になるケースもあります。
外壁塗装をこまめにしていればそこまでお金がかからないのですが、塗装を怠った事で改修に膨大な金額が必要になります。外壁塗装の価格を抑えるには塗り替え時期にしっかりとメンテナンスする事が重要です。

 

参考 
外壁塗装について

 

次は、外壁塗装に失敗しない業者の選び方を紹介します。まず工事前外壁診断をきちんと行なってくれる業者を選びましょう。何故なら外壁をしっかりと見て診断をしなければ状態にあった工事が出来ないからです。
外壁をきちんと確認して的確に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。そして、アフターフォローが充実している事も大切です。アフターフォローが充実している業者ならもし、塗装後に何らかのトラブルがあったとしても無償で対応してくれます。
また、定期的に無料点検も行なってくれるので万が一何かあった場合にも安心です。
そして、費用はおよそ50万〜150万円ほどが相場です。外壁の状態によって異なるので一概には言えません。

 

外壁塗装

 

参考
東京都西東京市の外壁塗装なら

 

 

出来るだけ安く塗装してもらうためには複数の業者に見積もりを取ってもらうことが重要です。 数社に見積もりをお願いし、詳しい内訳などを聞いてみましょう。
外壁塗装は家を建てたらメンテナンスの意味で定期的に行なわなければいけません。家も長く住んでいれば必ず悪くなりますし、故障をしていきます。
一戸建てを買うときは家のメンテナンスの費用も考えて貯蓄しておくと良いでしょう。
また、外壁塗装を成功させるならシュミレーションが大切なのでパソコンや画像を使って行なってください。
(塗装の色を確認したりすることができます)
外壁塗装を一度行なってしまうと、家のイメージに合わなくても塗りなおすことは費用も余計に掛かってしまいます。
イメージ通りのご自宅にするように、しっかりと準備を整えて失敗しないようにしましょう!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 新宿区 渋谷区 港区 千代田区 中央区 江東区 目黒区 品川区